年齢を感じやすい目元のしわやたるみはアイクリームで改善できる

アイクリームを使おう

クリーム

アイクリームとは

目の下は皮膚が薄いので、加齢とともにしわやたるみなどの症状が出てきやすい場所になっています。そんな目の下のしわやたるみはアイクリームと呼ばれるクリームを使うことで改善することができます。アイクリームは目元専用のケアアイテムで、しわやたるみの改善に有効といわれる成分をたくさん配合しています。

どうやって選んだらいいの?

アイクリームは症状に合わせて選ぶことが大切です。たるみやしわ、むくみなど自分の目元にどういった症状があらわれているのかをしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。アイクリームの使用と並行してマッサージを行っていくと、より効果が高まると言われています。

アイクリームの使い方

顔の汚れを落とす

顔の表面に汚れや汗が付着したままではアイクリームを塗っても意味がありません。アイクリームを無駄に消費してしまわないためにも、使用する前にはしっかりと洗顔をして、顔の汚れや汗を洗い流しましょう。

クリームを塗る

洗顔で汗やゴミを落としたらクリームを塗っていきます。クリームは指にとって塗ってもいいのですが、できれば綿棒などに適量をとってから塗っていくようにしましょう。そうすることでより細かな箇所まで塗っていくことができます。

頬骨の上の辺りから

クリームを塗るときは頬骨の少し上の辺りから塗っていきます。目の下に等間隔で塗っていくイメージです。目の下が終わったら目の上の部分にも同じように等間隔でクリームを塗っていきましょう。塗り終わったら指の腹を使ってクリームを広げていきましょう。