もしかして浮気?白黒はっきりさせたいのなら探偵社に調査依頼を

>

リビングを時短掃除するポイント

リビングは一般に生活の中心となる場の一つであることから、人の出入りが激しいためほこりやゴミが生じやすいのに加え、食事を取る場としても機能することから、食べこぼしも生じやすいため、少なくとも食卓とフローリングのようにほこりやゴミの堆積が目に見えやすい素材の床の掃除は毎日行わなければなりませんが、目につきやすい箇所を除けば、壁、家電のほこり位なら一週間程度は許容の範囲内なので、食卓とほこりや汚れが目立ちやすい場所以外は、ローテーションを組んで対処可能となります。

また、汚れ方が激しい状況を除けば、概ね落ちやすく取り除くのが容易な汚れやほこりが主となるので、タオル一枚あればほとんど掃除可能ですが、簡易型でもモップがあれば床掃除の時間は短縮できるでしょうし、取り回しに優れるものの吸引力で劣る印象のコードレス掃除機もほこりやゴミの量が少なければ十分に能力を発揮できるのです。

ながら掃除で掃除を日常に組み込む

掃除時間を短縮する一番の方法は、汚れを定着させず、ほこりやゴミを溜めないことなので、毎日の掃除は欠かせない訳ですが、毎日掃除できるなら苦労はありませんし、この毎日の掃除こそが掃除の時短にとってもネックの一つと言って過言ではないでしょう。

そこで、毎日の掃除を生活の中に取り込んでしまう、ながら掃除が有効であり、リビングならテレビを見ながら床にモップをかけ、トイレでも用を足しながら壁をタオル、床をモップで掃除し、その日最後に入浴する人がお風呂に入る前にバスルームの天井をシャワーで洗い、入浴しながら湯船から手が届く範囲の水滴を拭き取るなど、細かく時間を使ってながら掃除を重ねることによって、意識的に掃除に取り組む時間は削減できます。


日常に掃除を組み込むことによる時短

この記事をシェアする